名古屋駅前の弁護士 会社・個人事業主の破産におけるポイント

名古屋駅前の弁護士 自己破産・債務整理・借金の無料法律相談
無料法律相談のご予約はこちらから
お電話でのご予約は052-587-3555
ホーム自己破産任意整理過払い金個人再生費用一覧周辺地図
コラム

■会社・個人事業主の破産におけるポイント

昨今の不況のせいか、会社代表者、個人事業主の方からの相談も増えています。
会社や個人事業主が破産する場合も、所定の調査を行った上で必要書類を揃えて裁判所に破産申立をすること自体は、サラリーマンや専業主婦などの方々が自己破産する場合と変わりません。ただ、ほとんど資産を持たない一個人が破産する場合に比べると、会社や個人事業主の破産はどうしても規模が大きくなりがちで、手続も複雑になってきます。
会社や個人事業主の破産をスムーズに進めるために留意すべきポイントについて、一度整理してみたいと思います。

■債権者のリストアップ

破産手続においては「債権者がどこの誰で、いくらの債権を有しているか」を把握することが大変重要となってきます。ここで言う「債権者」というのは、銀行や消費者金融・カード会社などの金銭を借りている相手だけではなく、未納が生じている取引先や賃貸物件の貸主なども含まれます。税金や社会保険料、電気代、損害賠償債務など、何かしら金銭を支払う義務があるのに払っていない相手があれば、その多くが破産手続上の債権者となりますから、まずは全てリストアップして報告をしていただく必要があります。

知人や親戚から資金を借りているような場合、この方々も債権者です。法律相談の際によく問題となるのが、知人や親族から資金援助を受けていたり連帯保証人になってもらっている場合に、迷惑をかけたくないので「そこだけ返済してから破産できないか」というご相談です。結論から言えば、そうした行為は大いに問題があります。
事業がもう倒産直前の状態になっているのに、特定の債権者にだけ優先的に返済してから破産するようなことが通ってしまえば、返済を受けられなかった他の債権者は到底納得できないことでしょう。これは道義的な問題だけではなく、債権者への配当資金を不当に減少させる行為として法的にも問題がありますから、後で破産管財人が法的手段を含めた回収を検討せざるをえなくなり、そうした方々に余計迷惑がかかってしまう可能性もあります。当事務所でもそうした行為については了承できかねますので、十分ご注意をいただきたいポイントです。

また従業員に未払い給与や未払い退職金がある場合には、これらの内容を正確に把握する必要が出じます。誰にいくら未払いがあるのか、解雇した場合はいつどのような形式で解雇したのか等、きちんと整理して進める必要がありますから、後々問題とならないよう事前にご相談を頂きながら進められることをお勧めしております。

■リース又はローン中物件の確保

リースやローン中の物件は、月々の利用料や割賦代金の支払いが滞れば、債権者が引き上げていくものですから、すぐに返却できる状態でなければなりません。時折、リースやローン中の物件が行方不明になっており返却できないケースがありますが、こうした場合は、債権者にさらなる迷惑がかかってしまうことになります。経営難による廃業自体は避けられなかった結果としても、せめて債権者に対する迷惑が無用に大きくならないように気をつけていただきたいと思います。

■資料の確保

裁判所は提出された書面を見て状況を検討判断しますから、ともかく経営や資産・負債の状況を説明する資料が揃っていることが大切です。もう何年も前に廃業しているようなケースでは関係資料がほとんど残っていないこともありますが、裁判所に対して「何もありません」では済まないので、どうにか手をつくして可能な範囲の資料を揃えていかなければなりません。
代表的な必要資料は以下のようなものです。資料が揃っていれば手続もスムーズに進みますから、廃業の際に散逸してしまわないよう注意してください。

  • 預金通帳
  • 決算書・確定申告書
  • 法人登記簿・不動産登記簿
  • 賃金台帳
  • 保険証券(火災保険でも自動車保険でも、保険と名のつくもの全て)
  • その他証券類(出資証券、ゴルフ会員権、共済など)
  • 契約書類(賃貸契約書、リース契約書など)

■費用の確保

実際問題として大きなハードルとなってくるのが、破産するための費用です。
事案が複雑になればなるほど、弁護士費用の方も高めにご呈示をさせて頂かなければなりませんし、裁判所に納める管財費用も高くなってきます。実際の金額はケースバイケースですが、比較的小規模の個人事業主破産でも、弁護士費用・管財費用を合わせて60万円程度が必要となることが一般的です。会社・法人の破産であれば、会社本体と代表者個人の破産ということで2件の破産事件になりますから、費用は別々に必要となりトータル100万円では済まないことも多いので注意してください。

自己破産を決断された経営者の方の心境としてしばしば耳にするのが「あと数ヶ月なら何とかなるかもしれないが、いずれ限界がくるので、この機会に廃業することにした」というお言葉です。これまで十分頑張ってきて、悩んだ末の決断だったかと思いますが、実際に破産の準備に入って会社の資産状況を調査してみると、破産手続を進めるための資金確保は結構ギリギリだったということも珍しくありません。破産するための費用も無くなってしまうと、その後の後始末や債権者への説明をする人もおらず、債権者や賃貸人に対してさらに迷惑を掛けてしまうという側面もありますから、決断のタイミングを見誤らないように、くれぐれもご注意いただきたいと思います。

■経営者のご協力が不可欠です

取引先や金融機関に対する説明や対応は、ご依頼を頂いた時点で当事務所が窓口となって進めますが、破産準備のため経営者ご本人にもご協力を頂く部分が多々あります。例えば保険関係の解約手続は、契約名義人ご本人でないと進められない場合が多くなりますし、社会保険や税務関係の廃業手続なども、経営者ご本人が窓口に行かれた方がスムーズでしょう。破産書類作成の際には、通帳や決算書上に記載された入出金の意味や、会社の構成について詳しくお聞きしていくことになります。こうした経営者のご協力が破産書類準備のために不可欠となっています。

■スムーズな廃業、破産申立に向けて

このように会社・個人事業主の自己破産は、説明すべき事項や必要資料も多く、中々大変な手続です。経営資料が散逸していたり、破産資金が不足していたりすると、さらに手続が難航してしまいますから、そのような状態を回避するためにも、まずは早めの法律相談をお勧めしております。初回の法律相談で決断される方よりも、何度か相談を実施する中で最終的に決断される方がむしろ一般的な状態となっておりますから、少し余裕のあるうちから十分検討する機会を持つことが大変重要と考えております。

<2010.8.19>

※当コラム掲載文は、執筆当時の状況に基づいた内容となっております。法令・判例の変更や状況の変化等が生じている可能性もありますからご注意下さい。最新の状況については、当事務所の無料法律相談にてご説明しておりますので、お気軽に相談予約をお申し込み下さい。

コラムトップ
破産管財人がついた場合にどうなるか
改正貸金業法が完全施行されました
総量規制と貸金業法改正
会社・個人事業主の自己破産
自己破産者の減少と多重債務問題の現状
何度も自殺を考えた…そんな方へ
管財事件と予納金
自己破産のデメリット、メリット
ブラックリストに載らないか?
自己破産 解説ページへ
無料法律相談のご予約はこちらからお電話でのご予約は052-587-3555