ホーム債務整理コラム・Q&A > 会社・事業主の破産

カテゴリー:会社・事業主の破産

複数の会社を経営しており、1社だけ破産したい

経営者の方が複数の会社を経営しており、そのうち一つの会社だけ破産させたいという場合、少し慎重な調査・検討が必要です。   それぞれの会社が、経済的に全く関わりを持たず、完全に分離して運営され…続きを読む

会社・事業主の破産 覚えておきたい3つのポイント

社長さんが適正に廃業し、スムーズに破産手続を進めるために必要なポイントは、以下3点です。   もちろん、どのようなケースでも最善の結果となるよう柔軟に対応させていただきますが、まずは基本的な…続きを読む

会社・事業主の破産 従業員・アルバイトへの対応は?

★廃業後の従業員対応も、全て弁護士が行います。   ★源泉徴収票、離職票等の発行準備はお願いします。   ★「未払賃金の立替払制度」を利用可能なケースについては、従業員への説明も含…続きを読む

過払い金を回収して、自己破産や個人再生の費用にできますか

過払い金を回収し、自己破産や個人再生の「弁護士費用」、自己破産の「予納金」に充てることで、ご本人の経済的負担を大幅に軽減できるケースがあります。   現在も請求可能な過払い金が、まだ残されて…続きを読む

クレジットカード現金化・ショッピング枠の現金化・換金行為と、免責不許可・管財事件の関係

★「クレジットカードの現金化」「ショッピング枠の現金化」があると、その頻度・金額にもよりますが高確率で「管財事件」となります。 ★最悪の場合、「免責不許可」のリスクもある危険行為です。 ★カード会社か…続きを読む

自己破産 親族・知人・勤務先からも借りている方

★親族や知人からの借入がある場合、その相手は、破産手続上の「債権者」です。 したがって他の債権者と同様、破産申立書類における「債権者一覧表」に掲載する必要があります。   ★親族や知人に「債…続きを読む

自己破産で「退職金」は自由財産となるか?

★自己破産しても、「退職金」については、「支給予定額の8分の1」だけが財産評価額としてカウントされます。 他の財産と合わせて、自由財産拡張の上限99万円の範囲内であれば、退職金も自由財産として認められ…続きを読む

法律相談は無料ですか。2回目の相談はどうですか。

自己破産・個人再生・任意整理・過払い金の法律相談は、2回目以降の相談も含めて完全無料です。 ※会社(法人)・個人事業主の自己破産も、完全無料相談です。   当事務所では、債務整理をお考えの方…続きを読む

自己破産・個人再生・任意整理 裁判所に行く必要は?

★任意整理では、裁判所に呼び出されることはありません。 ★個人再生も、ごく一部のレアケースを除き、裁判所には一度も行くことなく終わります。 ★自己破産の場合、「免責審尋」または「債権者集会」に出席する…続きを読む

少額管財事件 解決までの期間は?

「少額管財事件」となった場合、裁判所から「破産手続開始決定」が出され、「免責許可決定」が確定して完全解決するまでの期間は、多くのケースで4か月程度です。   ただ少数派ですが「債権者集会」が…続きを読む

半田市・知多市・東海市 近隣の方が「自己破産」「個人再生」をする場合

愛知県半田市近隣にお住まいの方が、自己破産や個人再生をされる場合、管轄裁判所は半田の地方裁判所ではなく、名古屋市中区にある名古屋地方裁判所本庁となります。   ・・・・・・・・・・ &nbs…続きを読む

「免責確定を早く得たい」という方

「免責確定」を一刻も早く得たい、というご希望をいただくことがあります。   「結婚の予定があるので早く解決したい」という方、「新しい事業を始める予定があるので、一刻も早く免責確定を得たい」と…続きを読む

同時廃止か管財事件か(同時廃止の基準)

「同時廃止」か「管財事件」か、無料法律相談にて、弁護士が見通しをご説明します。 まずは「同時廃止基準」をクリアしているか、確認しましょう。   ■「同時廃止」か「管財事件」か? この判断権は…続きを読む

免責に対する異議・免責反対意見

「免責」とは、債務の返済義務を免除するということです。   個人の方が自己破産しようとする場合、通常は負債の免除を受けることが主目的となっていますから、「免責を得られるかどうか」は大変重要な…続きを読む

自己破産における按分弁済・任意配当と少額予納管財(S管財)

  頻繁なギャンブル、高額な買い物など、自己破産する上で問題視される行為があるケースについて、申立側が資産の一部を全債権者に対して公平に自主的返済し、その返済が確認された段階で、裁判所が「破…続きを読む

« Prev - Next »