カテゴリー:債務整理

無料法律相談はどう進みますか?

まずは、お電話またはメールにて、無料法律相談予約をお申し込み下さい。 ご希望の日時と、弁護士のスケジュールを調整の上で、相談予約をお取りします。   ※当事務所の無料法律相談は完全予約制です…続きを読む

ブラックリストに載らないか?

ブラックリストとは? 「債務整理をするとブラックリストに載らないか」というご心配をされる方が多いです。   ネットなどで色々な情報が出回っており、何が本当なのか分からなくなって余計心配が増し…続きを読む

弁護士費用のお話

事務所によって弁護士費用の体系が全く違いますから、比較の参考にしていただければと思います。   減額報酬は不要!   当事務所では、いわゆる減額報酬は不要ですが、これを成功報酬の一…続きを読む

任意整理の計算方法

自分で計算してみたけれど…   「自分で計算したところ、過払いが出ているはずだ」 「法定利息で計算してみたが、債務はこれくらいまで減っていると思う」   こう言いながら相談にみえる…続きを読む

同時廃止と管財事件 名古屋地裁での割合は?

★破産事件全体に占める「同時廃止」の割合は、全国平均で約60%です。 ★名古屋地裁本庁では、約50%まで下がります。 ★会社経営者や個人事業主を除いた非事業者の個人破産に限定すると、70%~80%程度…続きを読む

個人再生できるか? 判定のための必要資料

個人再生は、その適用条件、効果ともに、かなり複雑な制度です。   「あなたは、個人再生を選択できるか?」 「あなたには、個人再生を選択するメリットがあるか?」   まず、この2点か…続きを読む

任意整理中に、自己破産や個人再生への切替は可能か?

★任意整理を完了し、返済中の方でも、自己破産や個人再生による解決は可能です。   ★任意整理が進行中の場合、弁護士が「任意整理の返済交渉を開始する前」であれば、自己破産や個人再生に方針変更し…続きを読む

任意整理 分割回数は、何回までいけますか?

任意整理の分割回数・返済期間は、通常3年(36回払)、長くて5年(60回払)が基本と考えてください。   月々の返済金額にもよりますが、この範囲内であれば、多くの会社ではスムーズに返済計画の…続きを読む

「どの解決方法がよいのか分からない」という方

債務のお困り事を弁護士に相談するにあたり、「どの解決方法にするか」を決断しておく必要はありません。   あなたのご事情・ご希望に応じて、弁護士が解決方法をご提案します。 ご依頼の後でも、調査…続きを読む

クレジットカード現金化・ショッピング枠の現金化・換金行為と、免責不許可・管財事件の関係

★「クレジットカードの現金化」「ショッピング枠の現金化」があると、その頻度・金額にもよりますが高確率で「管財事件」となります。 ★最悪の場合、「免責不許可」のリスクもある危険行為です。 ★カード会社か…続きを読む

任意整理の返済は、自分でやるのですか? 弁済の代行・振込の代行は?

★いろいろな考え方があると思いますが、当事務所では、任意整理による返済の合意が成立した後の分割返済は、ご本人様にて実行していただく方式です。   ★ただ当事務所では、業務完了後のサービスとし…続きを読む

過払い金 「訴訟費用」も請求できますか?

★過払い金の支払を命じる「判決」が出て、判決主文に「訴訟費用は被告の負担とする」と書かれている場合、相手会社に「訴訟費用」を請求できます。   ★裁判を起こす際に使用した「印紙代」「相手会社…続きを読む

自己破産 親族・知人・勤務先からも借りている方

★親族や知人からの借入がある場合、その相手は、破産手続上の「債権者」です。 したがって他の債権者と同様、破産申立書類における「債権者一覧表」に掲載する必要があります。   ★親族や知人に「債…続きを読む

任意整理して返済できない場合、どうなるか?

任意整理によって分割返済の内容を合意する際、通常「支払が2回分滞った場合は、当然に期限の利益を喪失し、遅延損害金を含めた残額を一括で直ちに支払う」といった形のペナルティ条項が定められます。 &nbsp…続きを読む

自己破産で「退職金」は自由財産となるか?

★自己破産しても、「退職金」については、「支給予定額の8分の1」だけが財産評価額としてカウントされます。 他の財産と合わせて、自由財産拡張の上限99万円の範囲内であれば、退職金も自由財産として認められ…続きを読む

Next »