カテゴリー:個人再生

個人再生 関係資料を事前にご用意いただく必要性について

当事務所では、以下3点に該当する方への法律相談を実施する場合、可能な限り事前に「返済予定額の試算に必要な資料」をご準備いただいています。 ◇ローン中の「住宅」をお持ちの方 ◇債務総額の半分に近い、大口…続きを読む

NP後払い・メルペイスマート払い・d払いなどの「後払いサービス」にご注意!

近年、自己破産や個人再生を検討中の方について、以下のような後払いサービスの利用が増えています。 ・NP後払い(ネットプロテクション) ・atone(アトネ) ・メルペイスマート払い(メルペイ後払い) …続きを読む

個人再生(住宅資金特別条項つき)の再生計画が確定しました

名古屋地方裁判所にて、小規模個人再生(住宅資金特別条項つき)の再生計画認可決定が出ていた件について、約1か月が経過しまして再生計画が確定となりました。 今回も、予定通り住宅ローン以外の債務について、約…続きを読む

小規模個人再生で、債権者の反対がありました

小規模個人再生の案件で、名古屋地方裁判所に「再生計画案」を提出したところ、債権者1社から「不同意」の意見が提出されました。   こうしたお話をすると、小規模個人再生を検討されている方としては…続きを読む

給与所得者等再生とは?

■「給与所得者等再生」とは、2つある個人再生のうちの一つです。 ■少し使いにくい制度のため、あまり用いられていませんが、使用条件に合致したケースでは、「債権者の反対によって再生計画が否決されるリスクが…続きを読む

債務整理の方法は、ご依頼後でも変更可能です!

■「どのような解決方針にするか」を最終的に決定するタイミングは、弁護士にご依頼をされた後、少し先になっても問題ありません。 ■弁護士費用は、方針の変更があった場合、差額を精算させていただく方式のため、…続きを読む

個人再生と住宅ローン

「住宅ローンの支払が苦しい」というご相談   マイホームの住宅ローンを支払っているのに、それ意外にも消費者金融やカード会社からの借り入れまで増えてしまい、もう支払いきれないという方からのご相…続きを読む

ブラックリストに載らないか?

ブラックリストとは? 「債務整理をするとブラックリストに載らないか」というご心配をされる方が多いです。   ネットなどで色々な情報が出回っており、何が本当なのか分からなくなって余計心配が増し…続きを読む

個人再生できるか? 判定のための必要資料

個人再生は、その適用条件、効果ともに、かなり複雑な制度です。   「あなたは、個人再生を選択できるか?」 「あなたには、個人再生を選択するメリットがあるか?」   まず、この2点か…続きを読む

任意整理中に、自己破産や個人再生への切替は可能か?

★任意整理を完了し、返済中の方でも、自己破産や個人再生による解決は可能です。   ★任意整理が進行中の場合、弁護士が「任意整理の返済交渉を開始する前」であれば、自己破産や個人再生に方針変更し…続きを読む

過払い金を回収して、自己破産や個人再生の費用にできますか

過払い金を回収し、自己破産や個人再生の「弁護士費用」、自己破産の「予納金」に充てることで、ご本人の経済的負担を大幅に軽減できるケースがあります。   現在も請求可能な過払い金が、まだ残されて…続きを読む

「どの解決方法がよいのか分からない」という方

債務のお困り事を弁護士に相談するにあたり、「どの解決方法にするか」を決断しておく必要はありません。   あなたのご事情・ご希望に応じて、弁護士が解決方法をご提案します。 ご依頼の後でも、調査…続きを読む

個人再生の積立(名古屋地裁での運用)

★名古屋地方裁判所で個人再生をする場合も、返済予定額を積み立てるテスト(通称「履行テスト」)が実施されます。 ただし、他地域で行われている「個人再生申立後、個人再生委員の口座に6か月間、返済予定額を振…続きを読む

法律相談は無料ですか。2回目の相談はどうですか。

自己破産・個人再生・任意整理・過払い金の法律相談は、2回目以降の相談も含めて完全無料です。 ※会社(法人)・個人事業主の自己破産も、完全無料相談です。   当事務所では、債務整理をお考えの方…続きを読む

自己破産・個人再生・任意整理 裁判所に行く必要は?

★任意整理では、裁判所に呼び出されることはありません。 ★個人再生も、ごく一部のレアケースを除き、裁判所には一度も行くことなく終わります。 ★自己破産の場合、「免責審尋」または「債権者集会」に出席する…続きを読む

Next »