カテゴリー:管財事件

自由財産拡張:「自己破産しても残せる財産」は何円まで?

自己破産しても手元に残せる財産は、原則的に「合計99万円まで」です。   ただし、裁判所に「自由財産拡張の申立」を行い、「自由財産」としての許可を得る必要があります。 どのような場合でも当然…続きを読む

2回目の破産でも免責されますか?

2度目の破産でも、「免責」を得ることは十分可能です。 ただし、高確率で「少額管財事件」になることを想定して準備を進めるべきです。   また、前回破産した時以上に、「きちんと反省している姿勢」…続きを読む

「少額管財」で破産できますか?(少額管財の基準)

■「少額管財」とは、一定の基準をクリアした案件について、裁判所に納める「管財事件の予納金」が約半額になるという管財事件の方式です。 ■名古屋では、正式には「少額予納管財事件」または「S管財事件」と呼び…続きを読む

「免責確定を早く得たい」という方

「免責確定」を一刻も早く得たい、というご希望をいただくことがあります。   「結婚の予定があるので早く解決したい」という方、「新しい事業を始める予定があるので、一刻も早く免責確定を得たい」と…続きを読む

同時廃止か管財事件か(同時廃止の基準)

「同時廃止」か「管財事件」か、無料法律相談にて、弁護士が見通しをご説明します。 まずは「同時廃止基準」をクリアしているか、確認しましょう。   ■「同時廃止」か「管財事件」か? この判断権は…続きを読む

免責に対する異議・免責反対意見

「免責」とは、債務の返済義務を免除するということです。   個人の方が自己破産しようとする場合、通常は負債の免除を受けることが主目的となっていますから、「免責を得られるかどうか」は大変重要な…続きを読む

免責審尋とは

「免責」とは、負債の返済義務を免除するという意味です。   「免責審尋(めんせきしんじん)」とは、「この人を免責させてよいか」という点について裁判所が直接判断するために、債務者(自己破産を申…続きを読む

債務者審尋・債務者審問

債務者審尋・債務者審問とは、破産手続開始決定が出る前の段階で、あなたご本人が、裁判官から事情聴取を受ける面談のことです。   債務者審尋の実施により、ご本人が裁判所に行かなければならない回数…続きを読む

自己破産における按分弁済・任意配当と少額予納管財(S管財)

  頻繁なギャンブル、高額な買い物など、自己破産する上で問題視される行為があるケースについて、申立側が資産の一部を全債権者に対して公平に自主的返済し、その返済が確認された段階で、裁判所が「破…続きを読む

連帯保証人の自己破産

★連帯保証債務も、ご自身名義の債務です。 ★自己破産する場合、連帯保証債務も含めての破産となります。     連帯保証人という立場   実務上の「保証」は、多くが連帯保証…続きを読む

« Prev